栃木市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズとちぎ店へ!

火災保険が適応!?雨漏り修理について

 

栃木市・佐野市皆様こんにちは!

地域密着の屋根・外壁塗装専門店

プロタイムズとちぎ店です!

いつもブログをお読みいただき

誠にありがとうございます!

今回は火災が適用される雨漏り修理

『条件と注意点まとめ』について

お話しできたらと思います^^

今回のブログを執筆させていただく

アシスタントの名渕です!☺ 

🔴火災等でお困りごとはこちら⇩⇩⇩

皆さんのまわりでもゲリラ豪雨などの

大雨や大型化が進んでいる台風などで

雨漏りを経験されたという方は

増えていっているのではないでしょうか?

この記事をご覧の方の中には

「雨漏りの修理に火災保険を使える」

という情報をどこかで得られた事と思います。

雨漏り修理は火災保険を適用することが

できますが適用されるには条件があるので

注意が必要です。また、これを悪用する

業者もいるので火災保険を利用する際は

気をつけなければなりません。。。

この記事では、火災保険についての適用条件

ポイントを紹介します。正しい知識を身に着け

🔥火災保険をうまく活用しましょう!!

急な火災にお困りの方はこちら⇩⇩

🌂目次☔

1.火災保険で雨漏り修理はできる!適用される条件とは?

1-1.自然災害の影響による雨漏りは適用される

1-2.被害を受けてから「3年以内」に申請が必要

1-3.保険の種類によっては少ない修理費用だと

保険料が受け取れない

2.火災保険が適用されるまでの手順

2-1.保険会社、保険代理店へ連絡

2-2.保険会社からの案内・書類の記入、申請

2-3.保険会社による現場調査

2-4.現場調査結果の連絡を受ける

2-5.雨漏りの補修工事を行う

3.悪徳な修理業者に要注意!信頼できる業者の選び方

3-1.悪徳な修理業者の甘い話には要注意

3-2.保険が適用されるまでは工事の契約をしない

3-3.優良業者の探し方

まとめ

 

1.火災保険で雨漏り修理はできる!適用される条件とは?

雨漏り修理は、火災保険を使うことができますが

適用条件があります。ひとつずつ紹介していきます。

1-1.自然災害の影響による雨漏りは適用される

火災保険が適用されるケースとしてまずは

雨漏りの原因が「自然災害によるものか」

が重要となります。経年劣化や人的な被害による

雨漏りの場合は火災保険が適用されません。

◎適用されるケース|「風災」「雪災」「雹(ひょう)災

▽【風災】

詳細➡台風、竜巻、防風、強風

旋風等の強い風による被害

具体例➡

・瓦のずれ
・雨樋や屋根の変形、破損
・飛来物による破損 等

 

▽【火災】

詳細➡大雪、雪崩等による被害

具体例➡

・屋根に積もった雪の重みによる被害
・積雪の落下による破損
・雪解け水による被害 等

 

▽【雹災】

詳細➡雹による被害

具体例➡・雹による屋根の破損 等

 

これらの自然災害による雨漏りの場合は
火災保険が適用される可能性があります。
しかし雨や雪の吹込みによって雨漏りが
発生しても、適用されない場合があります。
「吹込みによって」そもそも経年劣化による
外壁や屋根にひび割れ等があった場合
「風災」によるものではなく
「経年劣化」による雨漏りとして
判断されてしまう可能性があります。 

審査結果が出るまで、自然災害として
絶対認定される、とは言い切れないので
注意が必要です!!!
※雨漏りは「水災」ではない雨漏りは
漏水の被害であり、水災と勘違いして
しまうかもしれませんが、水災とは洪水
・高潮・土砂崩れ等の自然災害を指します。

補足

まずは、加入している火災保険の

保険証券を確認しましょう。ない場合は、

保険会社へ問い合わせしましょう。

保険の種類は、大きくわけて住宅火災保険と

住宅総合保険の2種類です。

 

災害被害ごとの適用条件早見表(加入されている保険と異なる場合があります)

火災 落雷 破裂・爆発 風災・雪災・雹災 水害 水漏れ 暴行・破損 物体飛来・落下・衝突 盗難
住宅火災保険
住宅総合保険

※「水漏れ」とは、給排水施設に生じた

事故または他の戸室で生じた事故による

水漏れを指します。雨漏りのことではありません。

🔵火災保険と

🔴火災共済の違い

火災保険とは別に火災共済があります。

共済額補償額や補償の範囲等が異なるため

間違えないよう注意しましょう。

▽【運営】

火災保険➡保険会社

火災共済➡非営利団体

 

▽【補償の範囲】

火災保険➡

火災・風災・雪災・雹災・水災・落雷・落下

飛来・衝突・破裂・爆発・盗取・損傷・汚損 等

火災共済➡火災・風水害 等

 

【支払い限度額】

火災保険➡大きい

火災共済➡少ない

 

1-2.被害を受けてから「3年以内」に申請が必要

保険法により、雨漏りが発生してから

3年以内に申請しないと、

時効をむかえてしまいます。

また、上記に記載した通り自然災害で

被害を受けたとしても時間が経つと

「経年劣化」として扱われる可能性も

大きくなってきます。3年以内といえど

できる限り早く申請しましょう。

保険法 第95条(消滅時効)
保険給付を請求する権利保険料の返還を請求する

権利及び第63条又は第92条に規定する
保険料積立金の払戻しを請求する権利は、
これらを行使することができる時から
3年間行使しないときは、時効によって消滅する。
【強行規定】

1-3.保険の種類によっては少ない修理費用だと保険料が受け取れない

雨漏りの修理に火災保険を適用する場合

保険の種類によって保険料の

受け取り可否金額が変わります。

●免責方式の場合

免責方式とは、予め自己負担額(免責金額)

を決めておくタイプのものです。

例:自己負担額5万円に設定していた場合

受け取れる場合

:損害額40万円 ー 自己負担額5万円

= 受取保険料35万円

受け取れない場合

:損害額1万円 ー 自己負担額5万円

= 受取保険料0円

 

上記のように、自己負担額として設定していた

金額よりも損害額が小さい場合保険料は発生せず

自身で負担することになります。

●損害額20万円以上型の場合

損害額20万円以上型の場合、損害額が

20万円以上の場合のみ、保険料を上限まで

受け取ることができます。

受け取れる場合

:損害額40万円 = 受取保険料40万円

(※上限が40万円以上の場合)

受け取れない場合

:損害額19万円 = 受取保険料0円

保険会社によって、保険のタイプは異なります。

火災保険を申請する場合は、まずは加入している

保険がどちらのタイプなのか、確認しましょう。

2.火災保険が適用されるまでの手順

具体的な申請の流れと適用されるまでの

ポイントをご紹介します。

これから紹介する一連の作業はご自身で

おこなうことができますが、見積書や報告書の

作成等専門性が高く難しい作業となる為、

修理業者へ依頼することとなります。

「火災保険の申請のため」と事前に伝えれば

スムーズに対応をおこなってくれますが

業者選びには十分注意が必要です。

2-1.保険会社、保険代理店へ連絡

まずは、保険会社または保険代理店に、

被害の内容(雨漏りの原因等)を説明します。

その際に、詳しい状況を説明できるほうが

良いので、予め修理業者に相談し、見積や

報告書を作成してもらっておくとスムーズです

2-2.保険会社からの案内・書類の記入、申請

保険会社から書類が届きます。

申請時に提出する主な書類は下記3点です。

①保険金請求書
②事故状況報告書・損害箇所の写真
③修理費見積書

報告書には下記内容を記述しておくと良いでしょう。

・契約者氏名、保険証書番号
・損害発生の日時
・損害発生の状況
・事故の原因
・損害のあった家の住所
・損害箇所を示した家の見取り図 等

2-3.保険会社による現場調査

申請を受けた保険会社が損害鑑定人を派遣し、

現場調査を実施します。具体的には、

第三者機関のプロの鑑定人が、

保険申請内容をもとに現場調査をおこない

損害状況の調査や自然災害による被害の有無

被害額を算定した報告書を作成し、

依頼された保険会社に報告書を提出します。

2-4.現場調査結果の連絡を受ける

現場調査の結果を受けて保険会社が審査を

おこない、申請内容が認められれば、

加入者へ保険金が支払われます。

連絡を受けたら、修理業者へ雨漏りの

補修工事を依頼しましょう。

2-5.雨漏りの補修工事を行う

雨漏りの補修工事は、かならず申請が

下りた後におこないましょう。雨漏りの

火災保険申請は、必ずしも申請が下りる

とは限りません。経年劣化によるものと

見なされた場合、申請は下りずに保険金は

支払われませんので必ず申請が下りた後に

修理業者と補修工事の契約を行うように

してください。以上が一連の流れです。

手順について下記図も参考にしてください。

(赤字が保険加入者ご自身で行う作業)

保険の流れ

 

3.悪徳な修理業者に要注意!信頼できる業者の選び方

火災保険を使用して雨漏りの補修をおこなう際

必ず修理業者をご自身で探す

必要があります。修理業者から

「火災保険を使って雨漏りの補修工事ができます」

と言われてから火災保険の申請を

検討している方もいるかもしれませんが

2章で説明した通り火災保険を使用して

雨漏り修理をする際に、まずは修理業者へ

見積依頼を行います。その時、火災保険の

保険金申請を口実に工事契約を迫ったり、

保険金をだまし取ろうとする悪徳業者が

少なからず存在するということに

十分注意してください。

3-1.悪徳な修理業者の甘い話には要注意

「自己負担ゼロで修理ができます」

「申請は絶対に通ります」

などという修理業者には注意が必要です。

契約している保険内容は、各家それぞれ

異なりますし、1章で述べたとおり

火災保険が絶対に適用されるという

保証はありません。。。

また、このような修理業者に見積りや

報告書の作成の依頼をすると、工事の契約を

迫ってくる可能性もあります。

実際に工事を依頼した際に「申請手数料」

といって保険金の2~3割程度の額を

請求してきたり、工事を断ったら

キャンセル料を請求してくる業者もいます。

3-2.保険が適用されるまでは工事の契約をしない

このように、火災保険を餌に工事を勧める

悪徳な修理業者によるトラブルを回避する

ために必ず火災保険が適用されるまでは

工事の契約はしないようにしましょう。

契約してしまった場合申請が通らなかった際に

自己負担で工事をしないといけなくなる

可能性があります。まずは、火災保険申請の

ための現場調査と見積り作成を依頼し

火災保険の申請が通ったら工事をする旨を伝え

工事の契約は申請が下りた後におこないましょう。

また、保険の申請は必ず自分でおこないましょう

加入者本人でなければ申請はできません。

「代理で申請します。」などと言ってくる

修理業者とは契約してはいけません!!!

3-3.優良業者の探し方

では、良い業者はどのようにして

探したら良いでしょうか??

まずは、火災保険を適用した工事の

実績がある修理業者へお願いすることです。

実績がある業者は、火災保険の申請の

流れ等を把握しているため、スムーズに

進めることができるでしょう。
実績の有無は、ホームページをチェックして

みてください、ホームページに記載のない

場合は問い合わせ時に確認しましょう。

また、雨漏りの原因特定はとても

難しいといわれています。

雨漏りの調査が適当で原因を正しく

特定できなかったり、修理が雑な業者に

依頼した場合、雨漏りが直らずに

何度も追加費用を支払うことにもなります。

雨漏り修理の実績が豊富にあり、

散水調査等、現場調査を入念に

おこなってくれる業者を選びましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか??

火災保険を使って雨漏りの

修理をおこないたい場合は

①加入している火災保険を確認する
②雨漏りの原因が自然災害によるものか調査する
③悪徳な修理業者に注意し信頼できる修理業者へ依頼する

この3点に注意してください。
火災保険の知識を正しく身につけ

有効活用しましょう。

 

外壁・屋根塗り替え お問い合わせはこちら! 

「一度問い合わせたら、その後しつこく連絡が来るようになるんじゃない…?」そのようなご心配は一切ありません!無理な勧誘・契約など一切行ないませんので、どうぞ安心してお問い合わせください。塗装を検討されている方、塗装に関して質問や気になることがある方は、是非お気軽にプロタイムズとちぎ店㈱ウチックスにお問い合わせくださいませ。

完全無料の診断調査・御見積依頼承ります。

日中お忙しい方、メールでのやり取りも可能です。

24時間受付可能!カンタン1分でお申込みができます。

 

ショールームの来店予約はこちら!

実際にお話をお聞きしたい方は是非ショールームまでご来店ください!ショールームの来店予約はコチラ↓↓

※下記バナーをクリックいただくと予約フォームが開きます。

 

LINEのお友達登録を募集中!

プロタイムズとちぎ店ではLINEのお友達登録を募集しています!登録はこちらのQRコードからご登録ください。 ご登録いただくと、ホームページのフォームからではなくLINEから来店予約やお問合せが出来ます♪スマートホンお使いの方、公式LINEもございます!お友達登録の後、ぜひお問い合わせにご活用ください♪

 

施工事例はこちら!

おかげさまで創業96年施工実績18,800件超!塗装工事完成工事高 福島県内10年連続No.1!(福島建設工業新聞調べ)工事の管理も安心してお任せいただけます。

 

店舗・ショールームはこちら!

■栃木市街方面 ⇨ 岩舟・藤岡方面 の場合富田バイパス(栃木県道11号)「カインズモール大平」さんの交差点から約500m先左手、道路沿いにあります。大きな看板が目印です!

※元auショップ様跡地、ビックモーター様の手前になります

 

 

インスタグラムやYouTubeもやってます 

塗装屋がインスタにユーチューブ!?とお思いのそこのアナタ、イベント情報・施工事例・お客様の声など情報盛りだくさん!本人は恥ずかしい!?スタッフの自己紹介も投稿してますので、ぜひ気になる方はchuck! ……面白いかも!?

プロタイムズいわき店

 

 

 

プロタイムズいわき店

 

 

 

 

人気記事

カテゴリー

カテゴリーはありません

お問い合わせ
  • ショールーム来店予約
  • お問い合わせ・見積もり
to top